探偵比較するなら絶対に見るべきサイトです!!

探偵 比較

一般人にはホントに難しい探偵社選び

パートナーの浮気調査をお願いしたいけれど、どこの探偵社に依頼すればいいんでしょうか・・・
そんなことに悩みつつ皆さんは色々なサイトの中から当サイトに行き着いたのだと思います。

 

ネットサーフィンをして良い探偵社が見つかりましたか?
数ある探偵比較サイトの中には、探偵社自らが中立を装って運営されているダミーサイトもあるのです。

 

そんなサイトの中身といえば、自社や関連会社(社名を変えただけのダミー会社)ばかりをススメています。
社名や電話番号はそれぞれ違っていても、実は電話転送システムを利用して同じ場所につながったり。

 

全国に支店や支社があるように一覧表を作っていても、実は実体のない支社ばかりということも・・・。
自作自演の悪質な探偵比較サイトを運営するような探偵社は、調査能力や調査報告、料金体系もブラックです。

 

初めての経験では探偵の判断基準を持っているわけではないので、簡単には優良探偵社は見つからないでしょう。
そこで探偵比較のポイントをいくつかあげておきましょう。

 

まず、他社や探偵業界を非難、批判している探偵社への依頼はやめましょう。

これは一般社会通念で考えても同じだと思います。

 

通常の人間関係でも同じだといえますよね、
他人の非難や批判をするような人のことは信用できないですよね。

 

本当に誠実でまともな人ならば他者をおとしめるようなことは絶対にしないものです。
誠実に運営していれば、口コミや仕事ぶりで評価され自然に人や仕事が集まってくるものです。

 

次に料金です。ホームページをご覧になるときはどのページから閲覧しますか?
一般のお買い物サイトであっても、その他業種のHPであっても当然料金のページが最初ですよね。

 

ましてや馴染みの無い探偵業界ですから調査費用が真っ先に気になるのではないでしょうか。
というか、費用以外に興味のあるページなんて無いですよね?

 

インターネット媒体は他の広告媒体とは違い情報を自由に提供できるものです。
また、利用者も正確で迅速な情報を望んでいます。

 

インターネットネット上では、明確な料金掲載というのは大切なポイントとならざるを得ません。
はっきりした料金表が掲載されていなくても、明確な判断基準となる料金体系が掲載されているべきです。

 

探偵社のホームページであっても同様ですよね。
「お会いして面談後にお見積もり」などという探偵社には注意が必要です。

 

「会ってしまえばこっちのもの、多少価格が高くても受注ができる」と思っている悪徳探偵社も多いのです。
面談で詳細な悩みや個人情報まで知られている以上、依頼者としては頼まざるをえないという心理です。

 

最後に各探偵社のホームページの内容についてです。
ホームページの完成度が高いものやそうでないものなど様々ですよね。

 

探偵社とて営業会社ですので、広告塔としてのホームページを持っているのはもはや当たり前です。
探偵社として信用があり受注が多くなれば利益も増え、サイトの完成度を高める予算ができるものです。

 

サイトが未完成であったり内容が薄い探偵社は、営業実態が稀薄である可能性が非常に高いのです。
ネット集客に力を入れていないだけということもありますが、1つの目安にはなるでしょう。

 

ホームページの完成度や無料電話相談での印象、調査料金のバランスを考えて、
一番自分の調査目的に合った探偵社へ依頼をするのがいいでしょう。

 

当サイトは特定の探偵社を推奨するホームページではありません。
各探偵社サイトの口コミを分析し、独自調査によってご紹介する探偵比較サイトです。
紹介サイトの中から誠実な探偵社に出会い、貴方の悩みが一日も早く解決することを祈っています。
(日々更新)

こちらが探偵比較総合ランキングになります♪ (日々更新)

原一探偵事務所

 

 

社名:原一探偵事務所(株式会社 原一)
住所:全国主要都市(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・北海道・仙台・大阪・九州)に9拠点。
創業年:1974年
届け出:内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合 会員番号No3015 
     埼玉県公安委員会 探偵業届出証明番号 第43100057号 
     CII世界探偵社協会 MemberID NoM654
おすすめ調査全国の浮気調査、家出人などの人探し

 

高評価の口コミがとても多い探偵社です。
当サイト管理人の友人(横浜在住30代女性)が実際に原一探偵事務所に浮気調査依頼したところ、大変満足のいく結果を出してくれたとのこと。
ハライチは全国各地に支社があり、どんな地方都市でも各支社社員が担当できる体制は心強いですね。
なにより安心なのは、各支社がハライチ直営ですので、スタッフ全員が社員であるということです
FC経営でアルバイトスタッフにて運営している探偵社が多いのですが、この点でもハライチは安心です。
大切な個人情報や機微な悩みを打ち明け調査依頼するので、この安心感は最重要だと思います。

 

マスコミ露出:徳光和夫の感動再会「逢いたい」や「TVのチカラ」に番組協力をしているのがハライチ探偵事務所です。
番組協力ですので単なる広告としての露出ではなく、口コミ評判や調査力が買われ協力しているようです。
また、ハライチ探偵事務所は、出稿基準の厳しい行政HP(千葉県HP他)にもバナー広告を出しています。
これはもう行政から推薦を貰っているようなものなので、安心してまかせることができる探偵社といえますね。

 

まずは履歴の残らない電話相談がオススメです→        
フリーダイヤル 0120-05-8522
(スマホからはタップするだけで24時間OK! 女性の相談員が対応してくれます。)

総合探偵社TS

社名:総合探偵社TS(株式会社トータルソリューションズ )
住所:東京都江東区亀戸6-58-10 亀戸ガイビル5F(旧SAタートルビル5F)
創業年:2009年
届け出:東京都公安委員会 第30120012号   
おすすめ調査全国主要都市の女性依頼人による浮気調査

 

総合探偵社TSは東京都に本社がある探偵社です。
調査料金業界最安値の簡単明瞭な料金設定(1時間15,750〜)であるうえ、今すぐ調査して欲しいのに費用が心配という方もクレジットカード利用可能で心配ご無用です。
クレジットカードが使えるということは、分割支払いも可能ですね。
御主人のファミリーカードをお持ちであれば、クレジットカードでの支払い請求はご主人にいくので安心ですよね。
電話相談には実際の調査員が対応される事が多いようで、 時間・場所によっては当日対応も調査可能ですし、調査完了後の約2?3日間で調査結果を報告書にまとめてもらえるので、スピード感に対する総合探偵社TSの口コミ評価は非常に高いものがありました。
調査成功率98.4%の実績をうたっているだけあり、ネット上に悪い口コミが極端に少ないのも特徴です。

 

マスコミ露出:他社のように芸能人を使った派手なプロモーションはおこなっておりませんが、その分のコストがかかっていないので業界最安値を維持することが可能なのでしょう。

 

まずは履歴の残らない電話相談がオススメです→         
フリーダイヤル 0120-688-922
(スマホからはタップするだけで24時間OK! 専門の相談員が対応してくれます。)

ISM調査事務所

 

社名:ISM調査事務所
住所:東京都新宿区新宿2丁目15番26号第三玉屋ビル9階
創業年:2010年
届け出:東京都公安委員会第30140133号
おすすめ調査裁判用の証拠収集に関して特化した浮気調査(全国対応)

 

ISM調査事務所は東京都に本社がある探偵社です。
ここの調査員は探偵学校で尾行・撮影術・法律・法令順守・守秘義務の徹底教育を受けた専門家であり、浮気による離婚裁判用の証拠収集に関して特化しているのが特徴です。
配偶者の浮気が決定的だと感じていて、離婚を考えているならば一番に依頼を考えてみるべき探偵社といえるでしょう。
公式サイトには細かく料金が掲示されている通り明瞭会計であり、最初のお見積り料金より追加料金は発生しません。
調停や裁判に対するアドバイスや機関の紹介などのアフターフォローもしっかりしているのでとても魅力的です。
裁判には主観的な状況証拠よりも決定的な証拠が要求されるので、ISM調査事務所の調査能力は非常に高いといえます。浮気調査だけではなく「いじめ調査」「ストーカー対策」「信用調査」なども積極的におこなっています。

 

 

まずは専門家への相談がオススメです→        
フリーダイヤル 0120-206-265
(スマホからはタップするだけで24時間OK! 専門の相談員が対応してくれます。)

 

 

上記の各探偵社は各社とも電話相談無料となっており、住所氏名などの個人情報を伝えなくても大丈夫です。
まずは勇気をふりしぼって上記の全ての探偵社へ悩みを相談してみてはいかがですか?

 

ひょっとするとプロの無料電話アドバイスだけで解決することがあるかもしれないですよ?
(メールだと履歴が残ってしまうので、パートナーに勘付かれてしまい浮気が水面下に潜ってしまうため)

 

各社へ電話相談したあとで探偵比較検討して依頼するかどうかを決めるのがオススメです!

 

では、探偵社を選ぶ際、無料電話相談段階での探偵比較ポイントを教えますね!
浮気調査費用の目安を言葉を濁さず返答してくれたか。
・浮気調査にかかる必要な最低調査日数を提示してくれたか。
(電話である程度の経緯、どこまでの調査結果が欲しいのかは伝える必要があります)
・話がかみ合い意志の疎通をしやすいと感じたか。
・相談員の電話態度が、しつこくなくセールス的でなく、遠まわしに他社探偵社の悪口等は言わなかったか。
むしろ「よく考えていつでもお電話くださいね」、「他社にもお電話してみたらわかります。お待ちしております」程度の余裕ある態度であったかどうか

 

以上の点だけは必ずチェックしてみてください。

 

高い契約をしようとする顧客に料金の目安を伝えないのは変なことですし、顧客となる貴方も精神的に消耗し尽くしているとは思いますが、調査結果にも影響することですので強く意識してくださいね。
もし料金概算すら聞けずに面談にて見積り提示予定の場合、高額コースを提示されるであろうことは想像に難くないと思われます。

 

探偵比較一括見積もりもオススメです!

各探偵社の強みを探偵比較してご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
まずは各社への電話での相談をオススメいたします。

 

それでも決めきれなかったり、相談内容についての調査相場を知りたい場合は
以下の「探偵比較一括見積もり」のご利用をオススメいたします。

 

 

 

※当サイトは信憑性の高い口コミを基にした探偵比較を掲載しておりますが、内容を保証するものではございません。
※あくまで当サイトは口コミの主観に基づく探偵比較評価ですので参考程度にとどめておいてください。

 

 

探偵比較のポイント

パートナーの浮気を疑った時、一番重要になるのは、「確実な浮気の証拠を集めること」です。
浮気が原因の離婚の場合、浮気をされたパートナーは浮気当事者へ慰謝料の請求を行うことが出来ます。

 

しかし、慰謝料の請求では「浮気をしたという確実な証拠」がないと、慰謝料の請求が難しくなってしまうだけではなく離婚すら難しくなる可能性があるのです。
そのため、浮気調査で得た証拠は、確実に浮気を証明する証拠でないといけません。

 

確実な証拠を準備するためには、探偵事務所へ浮気調査を依頼して証拠を集めるのが確実ですが、
この時、探偵事務所の調査力が重要なポイントになります。

 

依頼した探偵社の調査能力が低いと、浮気の証拠が質の低いものになってしまったり、最悪のケースだと調査自体が対象者に気付かれてしまい、二度と浮気の証拠が手に入らない可能性もあります。

 

こうなってしまうと、離婚の原因が相手にあったとしても、慰謝料の請求など他の離婚手続きにも支障が出てしまいます。
そのため、離婚の準備で一番重要な浮気の証拠を集めるため、調査力の高い探偵事務所を選ぶ必要があるのです。

 

ただ、浮気調査というものはけっこう費用がかさむものです。
探偵比較をした中でも、料金が安いと宣伝している探偵を信用してもいいのでしょうか?

 

探偵比較をしていて調査費用が全体的に高いという印象がある中で、相場よりも安い調査料金の探偵社を見つけると、つい調査依頼をしてしまう方がいらっしゃいます。
しかし、探偵業界においては誇大広告が横行しており、料金の安い探偵を選ぶにしても、その料金が本当なのか?信用できるのか?業者をじゅうぶんに見極める必要があります。

 

料金の安い探偵業者を信用出来るかどうかを判断するポイントとして、依頼前の料金の見積りと契約内容の確認があります。
ほとんどの探偵業者は、無料で調査料金の見積りをおこなっております。

 

見積りにおいて、同じ調査条件で「安い」と言っている探偵事務所の料金と他の探偵事務所の料金を比較することで、本当に料金が安いのか判断することが出来ます。
また、探偵の契約内容の確認では、調査終了後になって、
「追加料金が発生しないか」
「成功報酬の条件が曖昧な物になっていないか」
「調査員の人数や使用する機材についても記載されているのか」
など、業者側が意図して不備のある契約書を作成しているといったケースもあります。

 

そのため、調査契約書の内容はサッと目を通すのではなく、じっくりと読み気になる部分は必ず探偵業者へ確認することが大切です。
そして、もしも調査契約書の不備が複数見付かったり、契約内容の説明が上手く出来ないようではその探偵業者はあまり信用できないと思います。

 

信用できる探偵とは、浮気調査に対して真実を伝え、誠実な対応を取ることが出来る業者が信用に値するのではないでしょうか。
料金ばかりに注目するのではなく、安心して依頼することが出来る探偵を自分自身で見つけ出すことが大切です。

 

モノの価格には理由があるので、安かろう悪かろうでは困りますよね。
浮気調査とは、失敗が許されないやり直しのきかないものなのです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

......

 

 

 

日本では、公安委員会に届出をすることで誰でも探偵業を営むことが出来るのです。
探偵業者数は全国で5,000社と言われていますが、それらすべてが営業しているわけではなく実際は開店休業状態だったり、違う名前で同じ経営者が複数運営していたりと、その実態が正確には把握されていません。

 

探偵協会と称した団体も多数見受けられますが、協会だと名乗れば1社だけでも協会は作れるのです。
そこにチェック機能はなく悪徳業者が加盟していないという保証はないので、「協会所属だから安心である」とは言えないのです。

 

探偵業界は、新陳代謝・浮き沈みも激しいものです。
繁盛していそうな探偵社が、ある日突然消えていたということも日常茶飯事です。

 

3年以上続いているようなところのほうが、割合としては少ないかもしれないのです。
また、本来の業務だけでは成り立たないため探偵学校を併設し、その学費で成り立っているようなところも多いのです。

 

探偵学校へ入学したのはいいものの、探偵社へ就職できず学費が無駄になったという声もよく聞かれます。
また、習った知識・経験が即現場で活かせるかというと疑問であり、机上のシュミレーションと実際の対象者を相手にするのとではまったく違うからです。

 

探偵社は人の秘密を聞き調査するという特殊性を持っているため、「怖い」「何だか怪しい」といったマイナス・イメージがついてしまっているのかもしれません。
そんな依頼人の悩みや情報を悪用して一儲けを企む探偵業者が跡を絶たない事実も、探偵業界のイメージ悪化を増幅させる要因になっています。

 

探偵社に求められる要素は、いかに依頼人に対して誠実であるかということに尽きるのではないでしょうか。
最近配偶者(夫や妻)の様子がおかしい、携帯を肌身離さず持ち離そうとしない、電話やメールを目の前で取ろうとしないなど、不審な態度を取る事が多くなった時、脳裏に浮気調査の文字が浮かぶかと思いますが、浮気調査をし、離婚にしろ再構築をするにしろ、調査依頼をする前に心得ておきたい事があります。

 

探偵に調査依頼をする前に、まず誰と浮気をしているのか?を突き止めておくと、探偵への依頼料を節約することができますので、気づかれない程度に周辺を探り、まずは携帯電話から相手の情報を引き出しておき、ある程度の状況を知っておくことが大切です。

 

相手の名前や職場が分かった後は、まずは何社かの探偵事務所に見積もりの依頼をしておきましょう。
見積もりの明細が詳しく書かれていたり、追加オプションで加算されすぎるようなら、その探偵に依頼はやめておく方が良いでしょう。

 

後は、依頼する本人が調査対象者である配偶者や恋人に調査していることを悟られないということです。
相手の浮気を知っていながら何食わぬ顔で生活するのは、決して楽なことではありませんが、知られてしまっては浮気の証拠隠滅や、ぱったりと会わなくなられてしまうと、探偵でも証拠を掴みにくくなりますので、精一杯普通の顔で演技をし続ける心の強さも大切です。

 

しかし、あくまでも浮気行為というのは当事者あってのことなので、 当事者以外の人間が確実に調査期間内に浮気行為があると断定することは誰にもできないのです。
いくら、浮気しているのは確実、という状況でも、 たまたまその期間内に浮気相手と会わなかった、という場合もあるでしょう。

 

でも、だからといって、調査費用は戻ってくることはないのです。
こうした大前提を依頼者の側が心得ているかいないかで、その後の信頼関係は大きく異なってきますから、くれぐれも探偵に依頼したからといって100%調査が成功するとは思わないことです。

 

証拠が撮れればラッキーぐらいの大きな気持ちで依頼したほうが、 精神的には楽なのではないでしょうか。