浮気調査コラム記事一覧

プロに調査を頼むと当然ながら費用が必要ですが、裏付けの取得や浮気についての情報収集の要請は、その道のプロに要請した方が損害賠償の金額なども考えに入れると、様々な点で得をする方法だと思います。最近でいうところの不倫とは、夫あるいは妻を持つ立場の人物が自分の配偶者とは違う男性または女性と恋人同士の関係になり性交渉を行うことです。(独身の男性または女性が既婚者と男女として交際し肉体関係を結んでしまった状態も同じと考える)。ただ一度の肉体関係も当然ながら不貞行為ということになりますが、離婚事由として認められるためには、幾度も確実な不貞行為をしているという事実が示される必要があります。少し前まで、「浮気は男の甲斐性」という言葉通り既婚者の男性が配偶者のいない女性と不倫をしている状況に陥るケースに限っては、許容する雰囲気が長い事存在していました。パートナーの浮気に関する調査をプロに委ねるのであれば、何軒かの業者から見積もりを取る「相見積」で2か所以上の探偵事務所に完全に同一の内容で計算した見積もりを要求し詳細に検討することが望ましいと思われす。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

浮気調査依頼時の注意点